コレステロール サプリメント

コレステロールサプリメントはどんなの?

 

DHA・EPAを摂り血管の若返りと生活習慣病対策を始めよう!

 

青魚に多く含まれている必須脂肪酸には、血液サラサラ効果や血中の中性脂肪の抑制効果などに期待できることで知られています。中でも、EPAとDHAはテレビなどでも取り上げられ、最近とても話題となっているようです。

 

ドコサヘキサエン酸というのが正式名称であるDHAは、主にかつおやまぐろなどに多く含まれ、脳の活性化に役立つ栄養分の1つです。DHAは私たちの脳や神経組織の発達や機能維持にとって大変重要な成分で、毎日の食事で積極的に摂ることで、痴呆症の予防や学習機能を高める作用があると言われています。
また、DHAと同じn-3系脂肪酸のEPAは、血管の若返りに役立つ成分で、主にサバやアジなどに多く含まれています。一時期、EPAの作用がテレビで紹介され、サバの缶詰が店頭から消えるという出来事もありましたよね。EPAはエイコサペンタエン酸が正式名称で、血管を柔らかくする働きがあり、DHAと同じように血管を若く保つのに役立ちます。

 

健康診断などで、血中のコレステロール値や中性脂肪値が高めと診断されたら、お肉のかわりに毎日の食事に青魚を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

魚が苦手という方には、良質なDHAやEPAが手軽に摂れるサプリメントなどもおすすめですサプリメントなら、いつでもどこでも摂取できますし、毎日の習慣にしやすいというメリットがあります。和食離れや魚が食卓に並ぶことが少なくなったと言われていますが、毎日の食事の見直しは生活習慣病予防につながります。

 

カロリー過多の食事を続けていると、血中のコレステロール値や中性脂肪が増えて動脈硬化や高血圧などにかかりやすくなるので注意が必要です。また、不規則で栄養の偏った食事の他にも、運動不足や喫煙ストレスなども生活習慣病の原因となるので、日ごろのライフスタイルを見直してみるとよいでしょう。新鮮な青魚を毎日の食事に取り入れたり、サプリメントなどでDHAやEPAを補給していつまでも健やかな毎日を送れるように対策をしましょう。

 

血液はサラサラな状態を保つことが健康に繋がる!

 

手足の冷えや足のむくみに悩む女性は、最近とても増えています。また、疲れがなかなか取れない、寝つきが悪いとお悩みの方もとても多いようですね。これらの不快な症状には、血液のドロドロ状態が原因となっている場合もあります。

 

血中のコレステロールや中性脂肪が増えてしまうと、血液の赤血球などの固形成分に異常が起きることで、血液がドロドロ状態となります。血液がドロドロの状態では、血液の流れが停滞しやすくなって、動脈硬化などを引き起こす原因となってしまうので注意が必要です。

 

特に、食べすぎや飲みすぎによって血液中に脂質や糖質が増えると、ドロドロ血液になりやすくなると言われています。よって、毎日の食事管理はしっかりと行うことで、血液をサラサラに保つことが可能となります。

 

また、納豆やヨーグルト、たまねぎは、サラサラ血液を作る食材としてよく知られています。さらに、梅干に含まれるクエン酸や、青魚に含まれるDHA、ココアや緑茶などに多く含まれるポリフェノールもドロドロ血液予防に役立ちます。

 

血液が汚れてしまうと、内臓にも大きな影響を与えてしまうので、普段からなるべくサラサラ血液を意識することがとても大切です。サラサラ血液に役立つ食材を、毎日バランスよく摂取するようにしましょう。

 

また、適度な運動をすることで血流が増えて、ドロドロ血液予防につながると言われています。ストレッチやウオーキングなどの軽い運動を毎日続けることは、健康体を作るためにとても重要です。忙しくて運動をする時間がないという方には、スキマ時間などを利用して室内でも簡単にできるストレッチやスロージョギングなどがおすすめです。

 

ドロドロ血液を放置していると、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などのリスクが高まるので注意しましょう。
定期的に健康診断や血液検査などを受けるようにして、自分の血液の状態を知るようにすることが大切です。まずは、毎日の食事の見直しや適度な運動の習慣をつけることから始めてみるとよいでしょう。